ブロー成形の株式会社グローリー
プラスチック成型で四半世紀の経験と実績。独自の特許技術も持つ弊社の加工技術をご活用下さい。
更新履歴
2012/8/3
【社長大学】へ登壇しました。
2012/6/14
オリジナルスクイズボトル専門ページを公開しました。
トリガースプレーページの商品を更新しました。
2012/1/15
ペットポトルのリユースに関するシンポジウムで当社代表取締役社長上地護仁が講師を務めました。
2011/11/14
東京と大阪でDLC技術について当社代表取締役社長上地護仁が講演を行いました。
2011/7/25
平成23年8月8日付で「印刷工房」ページを追加しました。
2011/6/20
TSR情報埼玉県版へ掲載されました。
帝国ニュース埼玉県版へ掲載されました。
日本原子力開発機構発行「未来へげんき」へ掲載されました。
2011/2/25
平成23年1月27日付で経営革新計画埼玉県知事承認を受けました
2011/2/25
中小企業家同友会会報に掲載されました。
2011/1/28
「イベント/メディア掲載」にコラボさいたま2010の出展について追加しました。
2010/12/15
ホームページのデザインをリニューアルしました。
2010/8/16
「イベント/メディア掲載」を追加しました。
2010/7/07
「DLCコーティング3事業」を追加しました。
2009/12/07
「輸入ポンプ・トリガースプレー」を追加しました。
2009/1/6
「製品紹介」を追加・更新しました。
「パウチ事業」を更新しました。
「イベント/メディア掲載」を追加しました。
2008/5/9
「バイオマス事業」を追加しました。
2008/4/30
「高周波誘導シール事業」を追加しました。
2008/3/19
「イベント/メディア掲載」を更新しました。
2007/12/2
「イベント/メディア掲載」を追加しました。
2007/7/23
ホームページリニューアルしました。
2007/3/2
「イベント/メディア掲載」を追加しました。

株式会社グローリー

〒348-0047
埼玉県羽生市大字下新郷1052-2
TEL 048-560-0800
FAX 048-563-3535
E-mail:info@glory-techno.com
オリジナルスクイズボトル通販
エルコロピア
簡易型消火器具
ダウンロードページへ

わたしたちの技術をご活用下さい。

グローリーの技術力
特許出願中製品開発準備中製品

特許出願中製品

計量ボトル

計量ボトル1計量ボトル2計量ボトル3
  • (1)本体タンクに液体を入れタンクのキャップを閉める
  • (2)計量タンクのキャップを緩めボディ部を押すと、液体がノズルを通過し計量タンクへ移動する
  • (3)計量部の入れ目を見ながら必要量の計測が可能
  • (4)計量タンクから溢れる手前で押す手を緩めれば、自然に40mlにおさまる
  • (5)現在は10ml間隔で目盛り線を入れてある
発明の名称 計量容器
出願番号号 特許出願2003-405908 出願日 2003年12月4日
公開番号 特許公開2005-162290 公開日 2005年6月23日
出願人 株式会社日本興産 発明者 上地 護仁
【課題】 計量のための操作が簡単で、計量容器の構造が簡単で、製造費を低くすることができる、液体計量容器を提供する。
【解決手段】 液体計量容器として、上部に開口部を有する弾性変形可能な液体収容部と、計量室と、該液体収容部の側壁底に設けられた孔と該計量室の側壁上部に設けられた孔とを連通する揚液パイプと、を備える構造をもたせ、前記開口部は、着脱自在な蓋で密封できるようにした。

エアレスボトル

エアレスボトルの構造
発明の名称 エアレス容器
出願番号 特許出願2005-232235 出願日 2005年8月10日
公開番号 特許公開2007-45473 公開日 2007年2月22日
出願人 株式会社日本興産 発明者 上地 護仁
【目的】 外部が充分な剛性と美観を有し、内部が充分な収縮性を有し、内容物を余さず使い切ることができ、空気中の雑菌が混入することがなく衛生的で、大きな容器から小さいものまで容積に関係なく外部本体容器と内部袋体容器とを一工程で比較的廉価に製造することができるエアレスポンプの実現を目的とする。
【構成】 通気性の硬質樹脂層と、気体及び液体バリア性を有する軟質樹脂層と、 両者を接着する接着剤層を含む多層構造を有し、この多層構造を基に硬質樹脂層を外側にしてブロー成形(成型)法で容器を成形(成型)した後、この容器に内容物を充填し、その後、エアレスポンプを取り付ける。
【解決しようとする課題】 衛生面、内容物の使い切り、交換、廃棄などを考慮したエアレス容器は、いくつかの種類のものが市場に出回り始めているが、構造的に精度が要求されたり、特殊な材料や特別な製造工程を必要とするため、比較的高価であった。
本発明はこの問題を解決して、本体容器と袋体容器とを一工程で廉価に作成することができ、袋体容器がパウチに準じた吐出内圧による収縮性を有し、内容物を余さず使い切ることができ、使い捨ても可能なエアレス容器の実現を課題とする。
特殊製品PDF資料
お問合せはこちらから
↑ページTOPへ
TOPブロー成形(成型)スクイズボトルスパウトパウチDLCコーティングバイオマスプラスチック
Copyright ©  Glory Co. Ltd. All rights reserved.