ブロー成形の株式会社株式会社グローリー
更新履歴
2012/8/3
【社長大学】へ登壇しました。
2012/6/14
オリジナルスクイズボトル専門ページを公開しました。
トリガースプレーページの商品を更新しました。
2012/1/15
ペットポトルのリユースに関するシンポジウムで当社代表取締役社長上地護仁が講師を務めました。
2011/11/14
東京と大阪でDLC技術について当社代表取締役社長上地護仁が講演を行いました。
2011/7/25
平成23年8月8日付で「印刷工房」ページを追加しました。
2011/6/20
TSR情報埼玉県版へ掲載されました。
帝国ニュース埼玉県版へ掲載されました。
日本原子力開発機構発行「未来へげんき」へ掲載されました。
2011/2/25
平成23年1月27日付で経営革新計画埼玉県知事承認を受けました
2011/2/25
中小企業家同友会会報に掲載されました。
2011/1/28
「イベント/メディア掲載」にコラボさいたま2010の出展について追加しました。
2010/12/15
ホームページのデザインをリニューアルしました。
2010/8/16
「イベント/メディア掲載」を追加しました。
2010/7/07
「DLCコーティング3事業」を追加しました。
2009/12/07
「輸入ポンプ・トリガースプレー」を追加しました。
2009/1/6
「製品紹介」を追加・更新しました。
「パウチ事業」を更新しました。
「イベント/メディア掲載」を追加しました。
2008/5/9
「バイオマス事業」を追加しました。
2008/4/30
「高周波誘導シール事業」を追加しました。
2008/3/19
「イベント/メディア掲載」を更新しました。
2007/12/2
「イベント/メディア掲載」を追加しました。
2007/7/23
ホームページリニューアルしました。
2007/3/2
「イベント/メディア掲載」を追加しました。

株式会社グローリー

〒348-0047
埼玉県羽生市大字下新郷1052-2
TEL 048-560-0800
FAX 048-563-3535
E-mail:info@glory-techno.com
オリジナルスクイズボトル通販
エルコロピア
簡易型消火器具
ダウンロードページへ
イベント/メディア掲載

活動履歴

→最近のイベント/メディア掲載

2010年11月のさいたま市商工見本市「コラボさいたま2010」に出展いたしました。

コラボさいたま2010

次世代環境配慮型容器の実現へ
「容器革命」(特許出願中)

上地護仁氏(株式会社日本興産 社長)は容器専用DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)成膜装置を開発しました。
同社は、各種プラスチック製品のブロー成形事業が主力で、新規事業として始めた古古米を原料としたバイオマスプラスチック容器の開発の過程で、ガスバリアー性の高いDLC膜が、内容物を保護するのに適していることが確認できました。
ボトル内面壁にDLCコーティング加工することで、バイオマス製容器や汎用プラスチック単層容器に不足している「ガスバリアー性、溶出性等」が本来DCL膜の持つ特徴で改善され、多層成形容器と同等レベルの高機能性を確保することが可能となりますので、まさに「容器業界の革命」とも言えます。

→DLCコーティング事業
→DLC成膜装置

社長大学で講演する当社社長上地

2010年7月8日日刊工業新聞に弊社の「産業用ボトル向けDLC成膜装置」の記事が掲載されました。

日刊工業新聞

大気中でDLC成膜
産学官連携 真空装置省きコスト減

【さいたま】日本興産(埼玉県羽生市、上地護仁社長、048・563・3934)は、三共製作所、東京電機大学、埼玉県産業技術総合センターなどと、産業用ボトル向けダイヤモンドライクカーボン(DLC)成膜装置を開発した。
独自技術で通常成膜に必要な真空装置をなくしたため、装置の小型化と処理時間の短縮、製造コストの削減を実現する。
同社は各種プラスチック製品のブロー成形など樹脂成形事業が主力。
新規事業として始めた古古米を原料にしたバイオマスプラスチック容器の開発の過程で、ガスバリアー性の高いDLCが、内容物を保護するのに適していると判断し、新たに専用装置の開発を進めてきた。
成膜装置の販売のほか成膜の受託サービスやバイオマスプラスチックにDLCを成膜して販売するサービスもする。
今後はブロー成形とDLC成膜を一体化した装置を開発する計画だ。

2010年6月22日 埼玉県立いずみ高校での出張講義を行いました。

JGK埼玉グリーンプラ
埼玉県立いずみ高校

グリーンプラは環境にやさしいグリーンプラスチックの愛称です。

埼玉県立いずみ高校での出張講義

六月二十二日(火)さいたま市中央区の県立いずみ高校で、当会運営委員(内舘理事長、古田事務局長、上地理事)が講師として、環境建設科三年生を対象とし「ゴミ問題と生分解性プラスチック」と題して出張講義を行いました。
今回は、(株)ユーディーケー(さいたま市浦和区)大川土木環境課長から、「土壌浄化、水質浄化、環境土木等の『環境問題』に関する全四回の中の一回を、プラスチックの視点から講義してほしい」と依頼されたものです。

最初に、古田事務局長が、江戸時代のリサイクル状況について、わかり易い絵を基に当時の行燈等の燃料である植物油や植物性ワラジ、糞尿のリサイクル方法等、昔は当たり前に生活の知恵で環境に優しい生活を行っていたことを問答方式で講義しました。

次に、内舘理事長が、スライドを使い地球の誕生から現在までの生態系の変化や、それに関わるプラスチックの存在及び環境への影響を、また、これから我々の生活に必要不可欠となる環境負荷低減素材「生分解性プラスチック」について、サンプルを紹介しながら講義しました。

最後に、実際にプラスチック製品製造を行っている上地理事が、生活環境の身近にあるPETボトルの種類や製造方法、及び最近上地氏の会社で研究開発し、商品化が間近である古占来製バイオマスプラスチック製ブローボトルのサンプルを手に取つてもらいながら、プラスチック素材の種類や製造方法、生分解性プラスチックとバイオマスプラスチックの違いや必要性等を講義しました。
  生徒達は、学校外講師の熱く参考になる講議に、授業で教わる事のない珍しい情報として熱心にメモをとったりして真剣な眼差しで開き入っておりました。

また、依頼して頂いたユーディーケー大川課長からは、「今回の出張講義は、生徒達にとってすべて無駄ではなく、有意義な物だったと確信しています。講義を受講した生徒達が将来、環境問題に興味を持ち何かに取り組む、また社会に出てどこかで一緒に仕事をする機会が出てくるかもしれません。将来を担う彼らの活躍を楽しみにしましよう。」との感想を頂戴しました。

これまでも当会埼玉グリーレプラでは、数回にわたり小学校向けに「出前授業」を実施してきました。引き続き「環境負荷低減の啓蒙活動」を推進すべく、更に多方面で有用な講義活動を続けていきます。

2010年/平成22年4月7日

TDB TEIKOKU NEWS
県北通信 Vol.21

帝國ニュース埼玉版掲載
『容器革命』〜次世代環境配慮型容器の実現へ〜

容器、キャップなどのプラスチック製品の企画から金型製作、成形、加工、組立、販売を手がける鞄本興産は、次世代環境配慮型容器の実現に向けて歩みを進めている。

従来、包装容器業界では、内容物に応じて樹脂(ポリ系素材、塩ビなど)や成型方法(単層、多層)を変え、容器を製造している。しかし、用途別の樹脂押出設備が必要なうえ、複数の合成樹脂の使用が石油枯渇と環境悪化の原因の一つになるなど多くの問題点がある。また、近年、合成樹脂の代替材料として注目されているバイオマスプラスチック製の容器は、従来製品と比較してガスバリアー性や耐薬品性なと一部の機能面で課題がある。

現在、当社が取り組んでいる『DLC(※)コーティングされた高機能古古米製容器の開発』は、そのような環境面、製造面、機能面での問題・負荷を一挙に解決する技術だという。また、容器メーカーにとって従来の製造ラインを最大限活用できる機械装置の開発も行っており、各方面から期待・注目を集めている。

全国4800件を超える申請のなか、全国中小企業団体中央会の「ものづくり製品開発等支援補助事業」にも採択(倍率約8倍)されており、事業化に向けて産・学・官が連携してプロジェクトを推し進めている。

ものづくりを支える、容器業界に『新風』を巻き起こす新技術として、当社の動きに今後も注目したい。

2009年/平成21年10月30日

このたび全国中小企業団体中央会10月30日発表の「ものづくり製品開発等支援補助事業」に、当社の「P213110480 DLCコーティングされた高機能古古米製容器の開発」が採択されました。
全国総数で4,837件の申請があり、採択件数は倍率約8倍の625件でした。

これまでの研究開発から事業化へ向け、これからが更に長く険しい道のりとは思いますが、より一層惜しまぬ努力で乗り切って行く所存です。

ものづくり補助金(試作開発等支援事業)の採択結果(第2回)について

2008年/平成20年10月
TOKYO PACK 2008出展

会期中におきましては、古古米製バイオマスボトル、PLA製バイオマスボトル、ワンハンドディスペンサーボトル、計量・定量機能を備えた「計量ボトル」、底面給水機能と自動給水機能を合わせ持つ「植木鉢」など、アイデア製品と開発製品を中心にご提供させて頂きました。

弊社は、「創造を形に」「理想から現実へ」をキーワードに社会に貢献できる企画・開発メーカーとして各種パケージングの開発に取り組んでおります。パッケージ等に関するより詳しいお問い合わせやご要望などございましたら、どうぞ弊社までお気軽にご相談ください。

TOKYO PACK 2008TOKYO PACK 2008

環境新聞6月18日号の「洞爺湖サミット記念環境総合展2008」特集号“環境保全に貢献する企業と注目技術”に掲載されました。

環境新聞
 
環境新聞

7月の「北海道洞爺湖サミット」に先立ち6月19日から21日までの3日間、札幌ドームを会場として「北海道洞爺湖サミット記念環境総合展2008」が開催されました。

最新の環境製品、環境技術を中心とした展示をはじめ、環境問題における第一人者たちをお迎えした環境フォーラムと環境先進企業・環境団体・大学・研究機関などによるセミナー、ワークショップや、未来を担う子ども達が環境問題を考えるきっかけとなるプログラム、イベントなど様々な企画が開催されました。

そのなかでも、バイオマス分野は、地球温暖化対策、循環型社会の形成、地域の産業振興等に大きく寄与することが期待され、「バイオマス・ニッポン総合戦略」等の国家戦略として推進しているところであり、各地域・各分野において、自治体や事業者などによるバイオマス利活用の取組が展開されました。

今回、環境新聞の「洞爺湖サミット記念環境総合展2008」特集号として“環境保全に貢献する企業と注目技術”という特集企業紹介ページに当社の「古古米をベースにしたバイオプラスチックを使用し、ブロー成形や射出成形でバイオマス度(米率62%)の高い環境配慮型製品」記事が掲載されました。

2008年/平成20年1月30日

県北通信 Vol.28
 
県北通信 Vol.28

帝國データバンク 県北通信
帝國ニュース埼玉版掲載
「環境配慮型容器の実現に向けて」

容器、キャップ等のプラスチック製品の製品企画から金型製作、成形、加工、組立、販売を手掛ける(株)日本興産は、「バイオプラスチック容器とキャップ製造」の実現に向けて大きく歩みを進めた。
研究テーマ『生分解性素材による、耐水性・耐水性・ 耐熱性・ガスバリアー性に優れたブロー容器製造技術の開発』は、「産・学・官」が連携して押し進めているプロジェクトであり、「2006年度経営革新等促進費補助事業」として埼玉県より承認を受け、「中小ものづくり高度化法に基づく特定研究開発等計画の第1回認定事業(経済産業大臣認定)」にも選定された。

更に2007年7月には独立行政法人原子力研究開発機構の「成果展開事業開発提案」に採択され、独自バイオマス素材の開発及び成形技術と同機構の特許技術の応用で、製品化に向けて大きく前進した。この独自バイオマス素材によるブローボトルでの開発製品化は、まさに世界初の取り組みである。
地球温暖化の原因の一つであるCO2削減が声高に叫ばれ、石油の枯渇、石油系樹脂価格の高騰が顕著な昨今、バイオマス素材でありながら石油系樹脂製製品と同レベルの品質とコストで提供が可能になることは、資源循環型社会の構築に大いに寄与されるものである。

この環境配慮型容器の誕生は待ち望まれており、『夢』を実現させるべく推進する当社の動きに今後も期待を込めて注目したい。

2007年/平成19年10月28日

埼玉環境フェスタ 2007

埼玉環境フェスタ 2007

第2回「埼玉グリーンプラ環境フェスタ2007」
(―地球は未来ある子供達のために―)
会場:さいたま新都心[けやき広場](さいたま新都心駅より1分)
主催:NPO法人 [JGK埼玉グリーンプラ]
http://www.saitama-greenpla.org/

前年に引き続き第2回目の「環境フェスタ2007」を開催。目的は地球温暖化やゴミ問題などに対してグリーンプラスチック(植物から作られたプラスチックや微生物によって分解され自然にかえるプラスチックなど)の有効性を知ってもらい、県内での普及活動を更に活性化する為です。
企画の柱は二つ。一つは「江戸時代体験」「実験・体験」「グリーンプラスチック展示」「よろず相談所」などの展示企画。クイズラリー参加者も200人近くに及び、親子で真剣に考える姿が印象的でした。もう一つは4団体(「指人形」「武州和太鼓」「沖縄三線」「沖縄エイサー」)が出演した中央舞台企画。会場が一つになって沖縄の踊りを楽しむなど、大いに盛り上がりました。そして、両企画への来場者も前回の2倍の約2000人に上りました。

□後援団体・・・19団体
埼玉県・さいたま市・埼玉県教育委員会・さいたま市教育委員会・上尾市・上尾市教育委員会・さいたま商工会議所・(財)埼玉県中小企業振興公社・埼玉中小企業家同友会・日本バイオプラスチック協会(JBPA)・農水省関東農政局・(社)日本有機資源協会(JORA)・埼玉新聞社・読売新聞社さいたま支局・全国グリーンプラ推進協議会(JGK)・テレ玉・NHKさいたま放送局・FM NACK5・大宮アルディージャ

2007年/平成19年5月30日

県北通信 Vol.21

帝國ニュース埼玉版掲載
「環境型社会の実現に向けて」

(株)日本興産は、これまでの「大量生産・大量消費・廃棄型経済社会」から「資源循環型社会」への転換を図るべく新技術、新製品の研究開発に取り組んでいる。
研究テーマである「生分解性素材による、耐水性・耐熱性・ガスバリアー性に優れた、プロー容器製造技術の開発」TDB TEIKOKU NEWSは、埼玉県の「2006年度経営革新等促進費補助事業」として承認を受け、「産・学・官」の共同研究体を構築して押し進めているプロジェクトであり、経済産業大臣認定の「中小ものづくり高度化法に基づく特定研究開発等計画の第1回認定事業としても選定されている。
今回の実績は、ボトルのブロー成形試作でPLA (ポリ乳酸)性樹脂の通常耐熱温度60度レベルが150 度レべルまで引き上げられたことだ。

2006年/平成18年11月26日

埼玉グリーンプラ環境フェスタ2006

埼玉グリーンプラ環境フェスタ2006開催
(地球環境SOS/―地球は未来ある子供達のために―)
http://www.saitama-greenpla.org/

2006年/平成18年11月08日

県北通信 Vol.21

帝國ニュース埼玉版掲載
「県北通信・環境配慮技術への取り組み」

環境への汚染問題が声高に叫ばれ、「環境循環型社会」への移行が重要となっているなか、「生分解性素材による、耐水性・耐熱性・ガスバリアー性に優れた、ブロー容器製造技術の開発」という先端の環境配慮技術開発に乗り出した。
TDB TEIKOKU NEWS 「使用中の安定性」、「使用後の分解性」という矛盾した命題を解決するのが今回の開発目的であり、この環境配慮技術への取り組みは、同社の特許を基に「産・学・官」の共同研究体を構築して「コンソーシアム研究開発事業」として行われる計画である。
自然環境の保全に有効なものをいち早く提供し、次世代に良い地球環境を残すためにも、今後の展開に注目したい。

2006年/平成18年10月05日

東京パック2006 プロパートナーズグループ出展写真

東京パック2006出展
「プロパートナーズグループ」としてメンバー及び共催企業との合同出展
「プロパートナーズグループ」化粧品・トイレタリー業界を中心に製品開発から容器・パッケージ・SPに至るまでトータルな企画・物作りのプロ集団を目指して結成されたグループです。
今回は、世界初の技術や生活に役立つ製品までバラエティーに富んだ展示に、来場された皆さんから評価を頂きました。
http://www.propartners.jp/


東京パック2006 プロパートナーズグループ出展写真東京パック2006 プロパートナーズグループ出展写真

2006年/平成18年07月19日

関東経済産業局中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律
(中小ものづくり基盤技術高度化法)に基づく特定研究開発計画等の認定
http://www.saitec.pref.saitama.lg.jp/offerinfo/koudoka.html

2006年/平成18年07月05日

埼玉県経営革新等促進費補助金交付決定

2005年/平成17年9月24日〜25日

愛知万国博覧会へ出展
自社開発のグリーンプラ製「セルフプランター

愛知万博出展記念

「活動報告&交流の集い」開催される

2005年12月4日(日)、さいたま市桜木公民館にて、愛知万博出展記念「活動報告&交流の集い」が開催。この「集い」は、上地理事の会社の開発したグリーンプラ製「セルフプランター」が愛知万博に出展されたことを記念して催されたものです。

活動報告

上地さんからグリーンプラ製「セルフプランター」開発の苦労と、愛知万博出展までのいきさつ等の報告がありました。

上地さんは先ず、汎用性プラスチックで製造してきた鉢の「底面給水」の原理を説明。

愛知万博が開催されてから「夏までにサンプルができれば何とかなるかもしれない」と聞き、最後の挑戦を始めたこと。ところが内鉢にある、水が注がれる嵌合部分の加工が難しく、植物性のポリ乳酸ではなく、柔らかいビオノーレに変えて挑戦し直したこと。その際、会員の小野寺さんが、一つ返事で協力を引き受けてくれたこと。汎用性プラスチックと収縮率が違うことで、外鉢と内鉢をセットする際にも苦労したこと。

最後に上地さんは、「グリーンプラは耐水性・ガスバリアー性等、分解する性質を持つことから生ずる "弱点"があるが、その中の耐水性が、通常の環境下では、汎用プラスチックと殆ど同じであることを実証してみたかった。今回の挑戦で課題がはっきりした。もっと良質の製品にも挑戦してみたい。」と結びました。

http://www.saitama-greenpla.org/
セルフプランター使用例PDF(120KB)

愛知万博出展記念 活動報告&交流の集い写真愛知万博出展記念 活動報告&交流の集い写真

2005年/平成17年09月16日

埼玉県中小企業新事業活動促進法
中小企業経営革新計画承認

2005年/平成17年06月15日

Business Information

帝國ニュース埼玉版掲載
「画期的な試作・ダミー制作ソリューションを本格開始」

これまでの既存概念を打ち破る、画期的な試作・ダミー製作を2005TDB TEIKOKU NEWS年6月より本格提供。

具体的な特徴は、
@企画・設計段階で立体画像を提供
A試作型製作は総て機械化する事によって製作時間の大幅短縮を実現
B成型加工は独自開発技法を駆使し高度な完成度を達成
C凝った意匠デザィンでの様々なバリエーションを短期間で提供 等である。
これによって得意先の商品力、ブランドカアップ並びにライフサイクルの短いマーケット戦略に答えたいとする。

2003年/平成15年12月10日

琉球新報 沖縄マインド・雑草魂ゼロからのスタート

琉球新報夕刊2面に掲載 
「沖縄マインド・雑草魂ゼロからのスタート」

琉球新報紙面

1997年/平成09年03月13日

ガテン 下請け期間を経て本当の独立

ガテン掲載
「下請け期間を経て本当の独立」

ガテン表紙

1990年/平成02年03月01日

国際ジャーナル記事

国際ジャーナル掲載

国際ジャーナル表紙

 
プラスチック成形(成型)の専門家どんな企画でも、お気軽にご相談下さい。株式会社グローリー
↑ページTOPへ
TOPブロー成形(成型)スクイズボトルスパウトパウチDLCコーティングバイオマスプラスチック
Copyright ©  Glory Co. Ltd. All rights reserved.